接続距離

昔の無線LANは非常に不安定あんものであり、そこまで幅広く利用されていたものではありませんでした。
しかし、現在の無線LANは電波が非常に強くなり、少々の障害物程度でも関係ないほどとなっています。
そのため、隣の無線LANを無断使用するということが多くなりました。
このような無断使用というのは、基本的には犯罪であるため必ず止めておくのが良いです。

また、逆に自分の無線LANを他人に使用させない方法としては、無線LANにパスワードを設定し、誰でも使える状態を無くすというのが基本となっています。
しかし、ネットワークやコンピュータに詳しくないという人も多く存在するため、最近の無線LAN製品は最初からパスワードが設定されているものも非常に多くなっています。
このような製品になっているため、基本的に最近は無線LANを無断で使用するというようなことが無くなってきているのです。
なので、比較的無線LANを利用することにおいてのデメリットはあまり存在していません。

オフィスで利用

通常、有線を利用するためにはルーターに無数につながらなければなりません。
そのため、人数の多いオフィスで使用するには非常に不便なものでした。
しかし、無線LANではそのような必要はなく、電波でやりとりしているものであるため、有線の様にルーターにパソコンを繋げる必要もないのです。
現在のようなハイパワーな無線LANであれば、広いオフィスであっても全員が利用することは然程難しくありません。
なので、このような無線タイプのものは非常にオフィスに向いていると言えます。

レンタル

最近では、無線LANをレンタル出来るようなサービスも非常に多くなっています。
実際の使用感を確認してから購入したいというのであれば、まずはこのようなレンタルの無線LANを利用して、実際の使用感を確かめてから購入するのが良いと言えます。